スポンサーリンク

アカオビシマハゼ(あかおびしまはぜ)

スポンサーリンク

 

アカオビシマハゼ(あかおびしまはぜ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

アカオビシマハゼの呼び名由来についてご存知ですか?

アカオビシマハゼの名前の由来は、近縁種であるシモフリシマハゼとの見分け方のひとつのポイントでもあり、背鰭と胸鰭に赤い帯状の模様があることでアカオビシマハゼという呼び方になったそうです。千葉県木更津地方ではタボ、タボハゼといった呼び方をしています。その他に、ドンコ、ゴリ、カジカなどといった呼び方もあります。

アカオビシマハゼの旬の時期

アカオビシマハゼの繁殖期は初夏頃で、牡蠣殻の内側などで産卵が行われ、雄は卵を保護します。潮があまり流れていないような場所に棲んでいるため、冬の低水温時には釣りではほとんど釣れなくなってしまいます。

春から秋に狙えばたくさん釣ることができますが、11月から12月に旬の時期を迎えます。たくさん釣れるだけではなく、脂ののった、栄養たっぷりのアカオビシマハゼを召し上がることができます。 アカオビシマハゼの栄養成分

アカオビシマハゼは代謝を円滑にする効果に適してい背る魚です。カリウム、タンパク質、タウリン、カルシウム、DHA、EPAなどもバランスよく含まれています。

アカオビシマハゼの効能

カリウムにより、体温をあげる効果があるため、代謝を円滑にする効果を発揮します。その他に体内にある余分なナトリウムを排泄する効果や血圧の上昇を抑える効果、腎臓で老廃物の排泄の促進、筋肉の収縮を円滑にする効果、腸や心臓などの働きを平常に保つ効果があります。

アカオビシマハゼの形や色の特徴

アカオビシマハゼの色は薄茶で、体に黒い線があります。背鰭と胸鰭に赤い帯状の模様があるため、シモフリシマハゼとの見分け方のポイントの一つとなっています。

アカオビシマハゼの代表的なレシピ

アカオビシマハゼの代表的なレシピを調べていくと、天ぷら、佃煮、吸い物などありますが、天ぷらにして食べるとより一層美味しく召し上がることができます。アカオビシマハゼの背に包丁を入れ、尾に向かって中骨に沿うように切ります。

身の上側と下側は尾から切り離さないようにつなげた状態にします。尾なで切ったら中骨を切り離し、水気をとります。アカオビシマハゼに衣をつけたら180度の油で揚げます。揚がったら余分な油をきってお皿に持ったらできあがりです。

アカオビシマハゼのレシピを検索!又は あかおびしまはぜのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / アカオビシマハゼ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺