スポンサーリンク

ウキゴリ(うきごり)

スポンサーリンク

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ウキゴリ(うきごり)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ウキゴリの呼び名由来についてご存知ですか?

漢字では浮鮴、浮吾里などと書かれています。 ウキゴリはハゼの顔の形をした淡水魚の仲間で、呼び方や言い方は地方や地域によって異なりますが、ゴリとも言われていますが地方などによっては変わってきます。 そして、他のハゼ類と違って底におらず中層を泳ぐためこの魚はハゼ類という意味合いもあります。

ウキゴリの旬の時期

子持ちウキゴリは、冬から夏にかけてがとれて子持ちつきのウキゴリが食べられます。
そして、子持ちではないウキゴリは3月から8月にかけてが旬とされています。
この時期に食べると、とても美味しく頂けます。

ウキゴリの栄養成分

主な栄養成分は、カルシウムという事で骨や歯を丈夫にしてくれる働きがあります。
他にも、ビタミンCも含まれているため美容や紫外線対策の働きもあります。

ウキゴリの効能

カルシウムが含まれているという事で、骨粗しょう症の予防やがんや、高血圧の予防にもなり皮膚や筋肉や髪の毛などの細胞を作るために欠かせない栄養素のひとつになってきます。筋肉などを作る上で大切になってくるのがカルシウムです。
他にもビタミンCの康応は、紫外線から浴びてできるシミやシワ予防になるのは勿論ですが、廊下や病気からもビタミンCは体を守ってくれたり、そばかすも防ぐという効能もあります。

ウキゴリの形や色の特徴

全身は13cmという大きさになるため、日本産のハゼとしては大型になります。
体は円筒形で頭部は上から押しつぶされたように縦扁しており、体色は半透明の黄褐色で黒褐色の様な斑点があるのが特徴です。
そしておびヒレは、薄い茶色のような色をしています。

ウキゴリの代表的なレシピ

ウキゴリは大型になると塩焼きにすると美味しく食べれて、小型になるとから揚げにすると香ばしく頂けたり、素揚げ等にして野菜とともに食べるのも、美味しく食べれます。

ウキゴリのレシピを検索!又は うきごりのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ウキゴリ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺