スポンサーリンク

ウロハゼ(うろはぜ)

スポンサーリンク

 

ウロハゼ(うろはぜ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ウロハゼの呼び名由来についてご存知ですか?

ウロハゼの呼び名由来は丹後地方での呼称に因みます。群れなどを作らず日本での他の地方名は、クズ、ウロクズ、ヌレ、オカメハゼ、カメハゼ、ナツハゼ、クロハゼ、ドヨウハゼ、カワハゼ、ゴウソ、マルハゼ、ユルハゼ、ドンコといったさまざまな呼び方があります。

ウロハゼの旬の時期

ウロハゼは汽水域や内湾の砂底-砂泥底に生息し、岩穴などを好む習性があります。産卵期は夏で、小さな岩穴などを巣をします。メスは巣の天井に産卵し、産卵・受精後はオスが巣に残って孵化まで卵を保護します。旬の時期は孵化した12月から2月で、白身が美味です。

ウロハゼの栄養成分

ウロハゼは骨や歯を形成する効果に適している魚です。リンを多く含んでおり、その他にもエネルギー、たんぱく質、脂質、ビタミンA、E、D、K、B1、B2、B12、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などといった栄養成分をバランスよく含まれています。

ウロハゼの効能

リンによって、骨や歯を形成する効果を発揮してくれます。その他に疲労回復を助ける効果や、各細胞の生命を維持してくれる効果があります。リンは細胞膜の構成元素で生命維持物質の重要なミネラルで、代謝エネルギーの貯蔵など生理機構に重要な役割を果たしてくれます。

ウロハゼの形や色の特徴

ウロハゼの成魚は全長20センチを肥え、日本産のハゼとしては大型種です。口や頭が大きく、下顎が上顎より前に出ていて、舌の先端が二叉します。体は茶褐色で、頬や体側に黒い大きな斑点が並んでいます。また項部に黒い小斑点が散在しています。

ウロハゼの代表的なレシピ

ウロハゼの代表的なレシピを調べてみると、唐揚げや天ぷら、刺身などがあります。いろいろあるレシピの中でも、バター焼きにするとより一層美味しく召し上がることができます。

ウロハゼを臭み取りで日本酒をかけておき、少しおいたら水気を切って小麦粉をまぶします。バターをフライパンに敷いてウロハゼを焼きます。軽く塩コショウをしてレモンをかけて召し上がると美味しく食べれます。

ウロハゼのレシピを検索!又は うろはぜのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ウロハゼ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺