スポンサーリンク

泥鰌(どじょう)

スポンサーリンク

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

泥鰌(どじょう)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

泥鰌の呼び名由来についてご存知ですか?

名前の由来は「泥の魚」という意味がありそこから言葉が砕かれ「ドテウオ」から「トヂョウ」といわれる様になり、江戸時代には一般的に「どせう」と表記されていました。 そして「泥鰌」の漢字は魚へんに「酋」がつくため、そのため、作りの「酋」はミミズを意味して 「ミミズの様に泥の中に潜む魚」という意味もあり「泥鰌」と名づけられるようになりました。

泥鰌の旬の時期

泥鰌の旬の時期は主に6月から8月にかけてが1番美味しく食べられます。

泥鰌の栄養成分

主な栄養成分はカルシウムがとても豊富です。
そして、うなぎの約9倍ものカルシウムが含まれているため骨や歯を丈夫にするだけではなく体に必要な栄養素が詰まっています。
そのため、魚の中でも最も多くカルシウムを含んでおりビタミンDも多く含まれているため
リンの腸内吸収を増進する効果もあり、また良質なタンパク質なため健康には勿論体にもいい栄養素が詰まっています。

泥鰌の効能

カルシウムが多く含まれているため、体の代謝をよくしたりリンの吸収を増量させたり
良質なタンパク質なため、コレステロールや肥満などの病気になりにくい成分でできており同時に成人病と精神を安定させる効果もあり、血液中のイライラを鎮めたりするため、神経を安定にさせたりする働きをもたらしています。
そして、表面のぬめりには血液をさらさらにする効果があり、細胞の働きを活発にする働きがあります。

泥鰌の形や色の特徴

泥鰌は雑食系でユリカや幼虫等を食べて生きている魚です。
体は細長く円筒形で体の長さは約10〜15cm程で小さい魚で口ひげがあり、このひげが合計10本のヒゲがありこのヒゲで食べ物を探したりしています。
そして、肺とエラで呼吸をしおり水中の酸素が不足すると上面まで上がってきて呼吸をします。

泥鰌の代表的なレシピ

泥鰌のレシピは色々あり、土壌汁がありますが一般的にはから揚げや塩焼きにして食べるのが1番美味しい食べ方で、他にも泥鰌を鍋に入れたり生姜とともに酢豚風にフライパンで炒めて作ったりすると美味しく頂けます。

泥鰌のレシピを検索!又は どじょうのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / 泥鰌 / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺