スポンサーリンク

アシシロハゼ(あししろはぜ)

スポンサーリンク

 

アシシロハゼ(あししろはぜ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

アシシロハゼの呼び名由来についてご存知ですか?

アシシロハゼのの呼び名の由来は、腹ビレ、尻ビレ、尾ビレなど底部のヒレが白いためではないかといわれています。その他の呼び方は、ハゼ、ドンコ、ゴリといった呼び方があります。

アシシロハゼの旬の時期

アシシロハゼの産卵は5月から7月で、沈み石の下側に産みつけます。冬になるにつれて次第に沿岸の深場へ移動します。孵化したあとの若魚は小動物を補食しなから急速に成長するため、11月から12月の冬になる前が旬の時期といわれています。

アシシロハゼの栄養成分

アシシロハゼは骨や歯を形成する効能に適している魚です。リンをはじめ、エネルギー、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンA、E、D、B1、B2、B3、B12、葉酸、パントテン酸カリウム、カルシウムなどといった栄養成分をバランスよく含まれております。

アシシロハゼの効能

リンによって、骨や歯を形成する効能に効果を発揮します。マグネシウムやカルシウムと結びついて、それぞれリン酸マグネシウムやリン酸カルシウムとなって骨組織に付着し、骨や歯などの硬組織を形成しています。その他にエネルギー代謝に関与しており、疲労回復、新陳代謝の促進につながっています。

アシシロハゼの形や色の特徴

アシシロハゼは体長は8センチに達します。大きいものでは20センチ前後になるため、体は細長いです。生息地は九州から北海道、オホーツク海などに生息します。尾柄部には後方で二分する斑紋があります・腹部に白色帯がでることがあります。雄は成熟すると第1背鰭棘が長く伸長します。

アシシロハゼの代表的なレシピ

アシシロハゼの代表的なレシピを調べていくと佃煮や天ぷら、唐揚げ、煮付け、吸い物といったレシピがでてきます。いろいろなレシピの中に珍しいレシピでうなぎのたれ煮込みというレシピがあります。

アシシロハゼの頭を落として腸を取り除きます。鍋にうなぎのたれとアシシロハゼを入れて落し蓋をします。弱火で45分ほど煮込んで、アシシロハゼを取り出します。中骨は硬いですが、食べることはできます。身は上品な旨味があるため、美味しく召し上がることができます。

リンによって高血圧予防につながります。

アシシロハゼのレシピを検索!又は あししろはぜのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / アシシロハゼ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺