スポンサーリンク

ヨシノボリ(よしのぼり)

スポンサーリンク

"Hucho perryi" by opencage - http://opencage.info/pics/large_14523.asp. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ヨシノボリ(よしのぼり)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

ヨシノボリの呼び名由来についてご存知ですか?

アジアの熱帯や温帯の淡水から汽水域に広く分布するため、この呼び方は1グループにしか特定されていません。他には、ヨシノボリ属や、ハゼ亜目などに分類されます。

ヨシノボリのの旬の時期

主な旬の時期は、9月から11月にかけてが旬とされておりその時期になると産卵し
子持ちや、そうではないヨシノボリも時期によってとれたりします。

ヨシノボリの栄養成分

ヨシノボリの栄養はカルシウムと良質なタンパク質があるため、とても体には良いです。
そのため、骨や歯を丈夫にしてくれる働きがありタンパク質もあるため
体を丈夫にしたり、免疫力を高めたったらその影響で、アレルギーからも守る働きなどもしてくれます。
そのため、健康にはとてもいい魚でカロリーもとても低くて脂肪分やカロリーも少ないです。

ヨシノボリの効能

ヨシノボリの効能は、骨や歯を丈夫にしてまた体の免疫を高めてくれる効能があります。
他にも、タンパク質でカロリーもとても低くて脂肪分も少ないため糖尿病や血圧などが高い人にはとても食べやすく、また良好な魚です。

ヨシノボリの形や色の特徴

ヨシノボリの全長は約5〜10cmぐらいで体の模様などはその場の環境で変わります。
そして、ヨシノボリでも模様は様々で変化があったりしますが東部には赤褐色の線が入るものが多く、ロシア沿海地方から東南アジアや日本では沖縄などの熱帯や温帯域などに多く生息する魚です。
そのため、一般的ではあまり見ないことが多くとても珍しい魚として、地方または地域や地元などの魚として定着しています。
そして、口が軽くへの字になっているようになっていたり目が青色のような少しくすんだ色をしています。

ヨシノボリの代表的なレシピ

小さいためとても食べやすいため、から揚げや天ぷらやフライみたいに揚げたりして軽く塩などをふって食べるのが美味しい食べ方です。
また、南蛮漬けみたいにから揚げにしてから甘辛いタレなどにつけて野菜とともに食べるのも美味しくいただけます。

ヨシノボリのレシピを検索!又は よしのぼりのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / ヨシノボリ / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺